トップイメージ
Homeよくある問題

紙とパッドの切り替えのタイミング

チャレンジタッチのいいところは使ったチャレンジの本が溜まらないところ。
どうしても使い終わったらゴミになる。もう一度チャレンジする反復練習もチャレンジタッチで再確認可能ってところ。

悪いところは書いている子供の文字が綺麗かどうかわからない所。
メールでチャレンジタッチの初回結果はわかるけど、どんな汚い字で書いていてもわからない点かな。
でも何度もできるし。。。
結局、小学生のうちに行うとすれば…

・低学年〜4年生ぐらい :紙のチャレンジ

・高学年        :チャレンジタッチ

でよいかなと。中学生も続けるかどうかは、本人次第。ですね。

後は、子供の性格が関わってくるかもしれません。

チャレンジタッチに向いている子
・まじめ ・ずるをしない ・時間に几帳面 ・素直

結局、勉強はいつまでたっても、自分との戦いです。 小学校低学年のうちは、しばらく親が一緒に勉強に付き合って「勉強をする癖つけ」の時間を持つことが大切です。 ホント最初のうちに、この癖がついていないと勉強や宿題をすることが、周りの誘惑に負けてしまうからです。 こればっかりは、親子で楽しみながらすることで、子供に勉強することが楽しいと思わせないと 後から「勉強しなさい!」と怒鳴らないといけなくなります。
子どもにとって、親からの「一緒にしようか」の言葉は嬉しいものです。

小学校の頃は、外で元気に遊んだらいいじゃないのと思っていましたが 今の時代では、公園に集まって「DS」や「PSP」、「3DS」をやっているそうです。 日焼けして、カブトムシを捕まえに行っていた自分が懐かしく思い出しました。
もう、小学生でも携帯持って、ソーシャルゲームしている時代なんですね。 そりゃ、時代も変わってくるもんだ。

それでも、学力の話はいつまでもついて回わるのでするべきことはしてもらわないと。

一昔前 「勉強していい大学行かないといい会社に入れないよ」
今現在 「勉強して、自分の進む道を広げておかないと仕事が選べないよ」

言葉はポジティブになっても、「勉強はするに越したことはない」ということです。

よくある質問 一覧

・小学生モデルの親モード?
・5月号の更新
・初期化の方法
・チャレンジタッチで無線LANに繋がらない!?

・紙とパッドの切り替えのタイミング
・紙とパッドの切り替えのタイミング そのA

・チャレンジタッチの変身キャンペーン
・チャレンジタッチ変身キャンペーンが到着


<以下すべて自己責任でお願いします。補償しません。保障できません。>

・チャレンジタッチにパズドラを入れてみた <初期化後の話です>
・チャレンジタッチの改造について
・2年越しのチャレンジタッチの改造について



ページトップへ
Copyright (C) チャレンジタッチを使いこなせ All Rights Reserved.
inserted by FC2 system